恩田 早苗 (おんだ さなえ)

デザイン・インテリアから始まった住宅の仕事も、もう38年。
培った経験と明るさで、後悔することのない暮らしを提案します


IMGP3607【所属・役職】 営業・主任
【名前】 恩田 早苗 (おんだ さなえ)
【誕生日】 7月1日
【ニックネーム】 おんちゃん
【星座】 かに座
【血液型】 O型
【出身】 栃木県佐野市
【入社年月】 2003年4月
【資格・特技】
インテリアコーディネーター師範免許、フラワーアレンジコーディネーター二級
【趣味・休日の過ごし方】
休日は早朝から晩まで外に出て、花の手入れ、ガーデニングをしています。
良い素敵なバラを吹かせるのは大変❤です。
自宅の庭にバラを100本ほど植えているのですが、見ているだけでも楽しめますよ。
一緒に大好きなガーデニングを楽しむ“バラ友”を招いて、バラの囲まれたお庭でお茶を飲んだりして、趣味を楽しんでいます。お客さまのお宅にも、素敵なバラをお届けしたり、記念樹として、私の作ったバラをプレゼントしています。
御主人様の3分の1くらいはバラの虜になってしまうようです。お庭には必ず、5、6本は植えていて、やがてバラ好き同士がバラ友になっています。
毎年バラの季節になると、TELが掛かってきて、「見に来てー!」と嬉しそうな声に、私も嬉しくなっちゃいます。

 

■仕事内容を教えて下さい

営業として、カシワ建設で家を建ててくださったお客さまと仲良くお付合いをさせていただいています。
日常は、追加工事の見積り作成や、お客さまとの家づくり(図面等)の打ち合わせをしたり、お客さま宅の訪問に伺っています。

 

■カシワ建設に入社した理由は?

「私に合う会社だな」って、ビビッときたんです。

この業界に入った当初は、私は営業ではありませんでした。
IMGP3608デザイン・インテリア関係の学校を卒業して、大手Mホームのインテリアコーディネーターとして入社したのがはじまりです。

ある時、当時の上司に
「営業やらないか。これからはコーディネーターだけでは食べていけなくなってくるぞ」と言われたことをきっかけに営業の仕事を。

当初は、資金計画、プランニング等、銀行の借り入れなど、
マスターするまで毎日毎日、勉強勉強で、大変でした。
当時も今も思うのですが、営業の仕事はとても奥が深いですね。
初めてご契約をいただくまでは、本当に大変でした。

その後、土地と分譲住宅会社を主に取り扱う会社に入ったのですが、
これは私のもとめていた会社・仕事ではないと感じました。

デザイン、インテリアコーディネーターとしての仕事に魅力を感じていた私には、
土地や分譲住宅を売る仕事に魅力を感じられなかったんです。

その後、自分のコーディネーターとしての仕事が生かせる会社を探し求めていた時、
「カシワ建設」という名前が頭に浮かびました。
カシワ建設は、周囲から「カシワ建設は建物の雰囲気がいい」という評判が立っていたんです。

面接に来た時、「ここは私に合う会社だ」って、ビビッと、直感が働きました(笑)
そんな私の想いが伝わったのか、縁あって入社することになりました。

※住宅に携わり、今年で38年目になり、周りからは「生きるカセキ」と呼ばれております(笑)
これまでの長い経験を活かして、カシワ建設をより盛り上げていこうと思っております。

 

■「この仕事をやっていて良かった」と思うこと

私、この仕事やってて良かったぁって、いつも思っていますよ(笑)
あとはやっぱり、お客さまたちに「恩田さんで良かった」って言っていただいた時は嬉しいですね。

 

■大変だったことはなんですか?

「ママの子で幸せ」って子どもが言ってくれたんです。とても嬉しかったですね。

私の性分なのですが、仕事を大変だなぁと感じることは、あまりありません。
私自身、いつもIMGP3627楽しんで仕事をしていますので。

でも、仕事の都合で子どもが小さい時に、あまり遊ぶ時間が取れなかったのは、心苦しかったです。毎日遅い時間に帰って、土日も仕事に出かける。そんな生活なので、家族との時間を犠牲にしてしまった部分があったなと感じます。

でも、そんな思いも、子どものある一言に救われました。

「ママのお客さんに『あんなに素敵なお家をつくる恩田さんのお子さんなんですね』って言われたんだよ。そんなママの子で私、幸せ」って子どもが言ってくれたんです。

とても嬉しかったですね。だから後悔はしていません。

 

■カシワ建設の好きなところはなんですか?

自分なりに自分の考えと生き方を伝えられる会社なところです。
自分の良さを出せる会社なので、仕事に楽しく取り組めているんだなと思います。

 

■社内で「これだけは誰にも負けたくない事」は何ですか?

“明るさ”と“元気さ”です。
そして、住宅に携わって38年という経験年数は、
他の誰にも負けない自分の財産です。

 

■これからカシワ建設をどんな会社にしていきたい?

これから先も、社内に女性の営業がいる会社でありたいです。
冗談が言える明るい女性が、笑顔の絶えない会社づくりをしていけたらなと思います。

 

■プライベートでこれからやってみたい事はありますか?

ガーデンプランナーとしてチャレンジしたいですね。
「このくらいの年齢の人が、こんなことまでできるんだ」と思ってもらいたいんです。

これからは60歳を過ぎた女性が「こんなにも頑張れるんだよ」ということを伝えていきたいです。
どんなお仕事でも毎日楽しく頑張れるような・・。

 

 

Top